子育てグッズ

【肌が弱い・敏感肌】の赤ちゃんと子どもにおすすめの『日焼け止め3選!』低刺激で優しいのはどれ?

お肌が弱い!おすすめの日焼け止め

赤ちゃんや、低年齢の子供の肌はデリケート。

肌が弱くて敏感だと、日焼け止めの刺激が気になりますよね。

 

そこで、実際に使ってみて「これはおすすめ!」と感じた【低刺激の日焼け止め】3つ選びました。

とみママ
とみママ
大切な赤ちゃんやお子さんの肌を守る日焼け止め選びの、参考にしていただけると嬉しいです。

赤ちゃんに日焼け止めは必要?紫外線対策のメリットとは?

赤ちゃん 日焼け止め

結論から言います。

赤ちゃんに、日焼け止め・紫外線対策は必要です!

 

私は、子育てをしながら

とみママ
とみママ
「日焼け止めをいちいち塗るのは面倒だな・・・」

と、思っていました。

 

低年齢の子って、おとなしく日焼け止めを塗らせないですよね。

動き回るので、お出かけ前に日焼け止めを塗るだけでクタクタ・・・

なんてこともありました。

 

しかし、環境省が発行している【紫外線保健指導マニュアル】を見てから、

「日焼け止めをしっかり塗ろう!」と思えるようになりました。

 

なぜ、日焼け止めが必要と思えるようになったのか、紫外線保健指導マニュアルから抜粋してご紹介します。

1.紫外線が関係していると考えられる病気がある

多くの研究から、紫外線を浴びすぎると人の健康に影響があることがわかってきています。

急性の病気 日焼け(サンバーン)
雪目
免疫力低下
慢性的な病気(皮膚) しわ
シミ・老人班
良性腫瘍
前がん症
皮膚がん
慢性的な病気(目) 白内障
翼状片

アメリカでは、紫外線による皮膚がんが年間50万人

白内障の原因の約20%が紫外線と言われています。

 

ママの口コミ
ママの口コミ
外に出るのが恐ろしくなるレベル・・・

 

とみママ
とみママ
肌質による違いもあるから、全ての人があてはまるわけではないよ。

でも、お肌が弱いお子さんは気を付けてあげたいね。

2.紫外線が赤ちゃんや子どもの皮膚に与える影響とは?

低年齢の子どもの皮膚は、とってもデリケート。

大人の皮膚に比べて、子供の皮膚の薄さは3分の1

皮膚を保護してくれる大事な【皮膚バリア機能】も未熟な状態です。

 

デリケートな肌に紫外線が当たると、こんなデメリットがあります。

日焼けする

皮膚の表面にある表皮がダメージを受ける

皮膚の潤いを保つことが出来なくなる

バリア機能が低下して、刺激に敏感になる

ママの口コミ
ママの口コミ
日焼けすると、お肌がガサガサになるよね。
とみママ
とみママ
紫外線をあびて、日焼けすることでお肌の弱い子はさらに症状が悪化する可能性も・・・

敏感なお肌を守るためにも、日焼け止めが必要なんですね。

紫外線で免疫力が低下する!?

紫外線を浴びすぎると、免疫力が低下するという研究結果もあります。

皮膚は人を外界から直接守る大事なバリアーとしての役割を果たしており、皮膚には多くの免疫細胞が存在しています。そのため、紫外線を浴びすぎると免疫機能が抑制されると考えられています。~動物実験では、紫外線照射が皮膚がんの進行や重症度、さらには感染症の増悪に影響することが示されています。人に関する疫学調査等の知見は十分とはいえませんが、様々な感染症や自己免疫疾患への影響、さらにはワクチンが効きにくくなるといった影響も懸念されています。

引用:紫外線保健指導マニュアル-環境省

 

とみママ
とみママ
特に、紫外線が強くなるお昼ごろの外出は注意が必要ですね。

小さなお子さんの健康を守るためのも、日焼け止めを使うことはメリットが大きいことがわかります。

日焼けは絶対ダメなの?太陽紫外線のメリットとは?

とは言え、極端に外出を避けることはありません。

太陽の光を浴びることには、こんなメリットがあります。

 

  1. 血管を広げ、筋肉や神経の緊張をとる
  2. ビタミンDを作り、新陳代謝がアップする
  3. 睡眠の質を高め、生活リズムが整う

 

適度な外出で、太陽の光を浴びることも大切です。

とみママ
とみママ
日焼け止めを使いながら、上手に紫外線と付き合って行けたら良いですね。

赤ちゃん、子供用の日焼け止めの選び方とは?

小さなお子さんのデリケートな肌に使う日焼け止めだから、安心で安全な物を選びたいですよね。

刺激が少ない日焼け止めを選ぶ基準はこちら

 

  1. 紫外線吸収剤不使用
  2. SPFが15程度
  3. 落としやすい

 

この3つはクリアしておきたいポイントです。

紫外線吸収剤の仕組みとは?

日焼け止めのパッケージで見かける、紫外線吸収剤。

ママの口コミ
ママの口コミ
なんとなく悪そうなイメージだけど、体に悪いのかな?

 

【紫外線吸収剤の仕組み】

肌表面で紫外線をキャッチ

吸収して化学反応を起こす

肌に紫外線が入るのを防ぐ

ここまで見ると、紫外線吸収剤は良い物に感じますよね。

ところが、紫外線を吸収する時に、肌に刺激を与えて赤みや湿疹が出ることがあります。

とみママ
とみママ
悪化すると、アレルギー反応をおこす危険があるので、小さなお子さんは避けた方がベストです。

SPFは高い方が効き目がある?

SPFとは

サンプロテクションファクター

の略で、シミ・そばかす・皮膚がんなどを引き起こすと言われている【紫外線B派】を防ぐ力のこと。

SPFのあとに続く数字は、【肌に何も塗っていない時と比べて、何倍の紫外線に耐えることができるか】を示した数字です。

とみママ
とみママ
  SPF値が高くなるほど、肌への負担は大きくなるので小さいお子さんでお肌が弱い子はSPF15程度でOK。

落としやすい日焼け止めは、効果が薄い?

肌に直接つける日焼け止め。

お肌に優しい物を選んでも、刺激が全くないとは言い切れません。

 

一日の終わりに、水や石鹸で簡単にオフ出来る物を選びましょう。

簡単に落とせるから、効果が薄いというわけではありません。

日焼け止めは、SPFが高くても低くても、こまめに塗り替えてあげた方が効果が高くなります。

 

とみママ
とみママ
毎日肌につける物だからこそ、なるべく負担の少ない物を選びたいですね。

肌が弱い・敏感肌の赤ちゃんと子どもにおすすめの日焼け止めランキング

前置きが長くなりましたが(笑)

おすすめの日焼け止めをご紹介します!

1位 アロベビー 国産オーガニックUV&アウトドアミスト



赤ちゃん本舗でも取り扱いのある、国産オーガニックスキンケアブランド【アロベビー

  • 新生児から使用OK
  • お湯で簡単オフ
  • 紫外線吸収剤・ディート不使用
  • SPF15
  • 天然由来成分100%
  • 15日間返金保証

通販サイトで軒並み1位を受賞しているアロベビーの日焼け止め。

ミストタイプで伸びが良いので、動き回る子供にも「サッと」使えて便利。

お肌に合わなかった時のために、返金保証がついているのが嬉しいポイント。

※公式サイトのみ、お得な3本セットがあります。

2位 ヴェレダ


オーガニックブランドと言えば、こだわりの製品を作り続ける【ヴェレダ】。

UVシリーズがリニューアル、さらっと伸びが良くなりました。

大人はベースメイクとしても使える、一石二鳥な日焼け止め。

  • ミルクタイプで保湿もOK
  • 紫外線吸収剤不使用
  • SPF38
  • 肌を保護するキープラント配合

SPFが高めなので、紫外線が強い日や長時間の外出におすすめ。

爽やかで、ふわっと漂う花の香りにも癒されます。

 

とみママ
とみママ
ほんのり肌色が付いていて、肌にのせるとツヤツヤするので下地としても優秀!

親子で一緒に使えます。

3位 カラダノミライ ノンケミカル日焼け止め

  • 紫外線吸収剤不使用+ノンケミカル
  • SPF28
  • 7種類のオーガニック成分配合
  • 虫よけ効果あり
  • 30日返金保証

2019年、日本流通経済新聞にも掲載された環境と肌に優しい日焼け止め。

紫外線吸収剤・パラペン・合成着色料・合成香料・シリコン・ナノ・合成保存料・アルコール・鉱物油の9種類を使っていません。

 

レモングラスとラベンダー製油が、嫌な虫から守ってくれる効果もプラス。

とみママ
とみママ
普段使いに気兼ねなく使えるお値段も魅力的です。

肌が弱い・敏感肌の赤ちゃんに使える日焼け止めまとめ

いかがでしたか?

色んな種類の日焼け止めが販売されていますが、お肌に合うお気に入りが見つかると良いですね。

以上、とみ(@tomimama7)でした!

 

【うるおいNO.1決定戦】子供の乾燥肌対策!使って良かったおすすめの保湿剤・クリーム5つ この記事では、乾燥しがちな 子供の肌におすすめの保湿剤・クリーム をご紹介します。 カサカサに悩んでいた我が家の子供たちに...