とみ家のハッピーライフ

地方在住アラフォーママ★3人の子どもたちとの日々を綴ります♪

安い板チョコをとびきり美味しくする方法♪

f:id:tomimama777:20190212110450j:plain

特売の板チョコだって美味しくなる!プロの技にチャレンジ☆

バレンタイン目前、チョコの準備はしましたか?

「外国では、男性から女性に感謝を伝える日らしいよ」とパパに話したら軽くスルーされた とみママです(笑)

この時期、手作りチョコレートを作る方も多いと思います。

でも、チョコレートって結構良いお値段ですよね?

プロ用のクーベルチュールチョコレートは、1kgで何千円もすることもあり、購入をためらってしまいます。

そこで、スーパーの特売チョコでも美味しくなる方法をご紹介します♪

ちょっとしたポイントを守るだけで、とびきり美味しくなりますよ(*^^*)

では、早速作ってみましょう☆

 

初心者がチャレンジしやすい、テンパリング・フレーク法

 

まず、チョコレートを扱うにあたって、絶対守らなければいけないことがあります。

  1. 水分厳禁
  2. 温度管理

この2つがとても大事です。

ボウルやゴムベラは、

しっかり水分を拭き取りましょう。

チョコレートを溶かす温度は、きっちり測って行きます。

 

まず、特売で88円だった板チョコを2枚使って行きます。

f:id:tomimama777:20190212111521j:plain

1枚と半分は全て細かく割り、

湯煎で50~53℃になるように溶かします。

※温度を上げすぎるとバサバサになってしまいます。

 

f:id:tomimama777:20190212111704j:plain

残ったチョコレートの半分を細かく砕きます。

f:id:tomimama777:20190212111753j:plain

残ったチョコレートは温度を下げるために使います。

 

52℃で溶かしたチョコレート。

f:id:tomimama777:20190212111847j:plain

ここに、細かく砕いたチョコレートを少しづつ加えて

32℃まで下げます。

f:id:tomimama777:20190212112017j:plain

混ぜながら32℃に下げます。

下がり過ぎそうなら、ドライヤーか湯煎で少し温めます。

f:id:tomimama777:20190212112131j:plain

32℃になったら、温度が変わらないうちに型に流して行きます。

 

f:id:tomimama777:20190212112232j:plain

ダイソーの型を使います。

f:id:tomimama777:20190212112309j:plain

流し終わったら、30分ほど涼しいところで固めます。

 

この方法をテンパリング フレーク法と言います。

少ない量のチョコレートに向いている方法で、

2ステップでチョコレートを安定させることが出来ます。

今回は、普通に溶かしただけのチョコレートも使ってテンパリングの効果を実証します♪

f:id:tomimama777:20190212112547j:plain

◎のチョコレートはテンパリングが成功しています。

表面のツヤが全然違いますよね。

✕のチョコレートは表面に油が浮いていて、ザラザラしています。

 

テンパリングをするとチョコレートの中身を整えてくれるので、ツヤが出て口溶けが良くなります。

口に入れた瞬間に、チョコレートが溶け出すのがわかると思います。

ただ溶かしただけのチョコレートは、ザラザラとした食感で口の中でなかなか溶けません。

少し難しいかも知れませんが、ちょっとした一手間でぐんと美味しくなります!

ぜひ挑戦してみて下さい(*^^*)