日常

雪道で転ばない歩き方&長靴の選びかた

f:id:tomimama777:20190210122932j:plain

こんにちは!とみママです♪

3連休、寒い日が続いていますね。

都心では雪も降っているようですが、皆さん大丈夫でしょうか?

雪道は慣れないととても危険ですよね。

そこで、雪国出身の私が冬靴の選びかたと歩き方を伝授しようと思います♪

少しでも怪我をする人が少なくなりますように☆

雪の日の靴の選び方

雪道を歩くためには、靴選びが重要です。

ほとんど雪の降ることがない地域では馴染みが薄いと思いますが、

雪道に適した靴を履かなければ確実に転びます。。

雪道になれた雪国っ子は、なぜか真冬にスニーカーの子もいますが(笑)

それはあくまで雪道に慣れている場合。

今持っている靴に専用の靴底を貼ってもらうことも出来ますので、参考になさって下さい。

 

 

まず、よくある子供用長靴

f:id:tomimama777:20190210123657j:plain

かかと部分にスパイクと呼ばれる金具がついています。

このスパイク。とても厄介なんです。

雪が降っている場合、ここに雪が詰まって固まりそれで滑って転ぶ子がいます。

スパイクを使うのは、凍結路面です。

凍った道路には向いていますが、雪道は絶対NG.

靴底にローラースケートを履いている状態と同じようになります。

スパイクは閉じましょう。

 

次は、大人用長靴。

f:id:tomimama777:20190210124005j:plain

このように、横方向のみにギザギザがついている場合は横滑りします

冬用のおしゃれブーツに多いデザインですが、横にツルーンと滑っている人が多いのがこのタイプ。

靴裏をよく見て買いましょう。

 

おっさん長靴最強!!

f:id:tomimama777:20190210124216j:plain

この靴裏のように、細かく溝がついているタイプが一番滑りにくいです。

ある程度、溝の深さと間隔が空いていて、雪が詰まってしまってもトントンするだけで取れます。

ホームセンターなどで売っている長靴に多いデザインですが、良く出来ているなぁと思います。

つるつるの溝がないブーツなどには、このようなタイプの溝がある靴裏を貼ってもらうと滑りにくいですよ!

駅の中にある靴の修理屋さんなどで、1500円程度で靴底をつけてもらうことが出来ます。

 

あと、流行りのソ◯ルなどのブーツですが、、

滑ります。。。

持っていますが、長靴の勝利です。

防寒に関しては、とても暖かくて良いのですが、いざ歩くとなるとあまりおすすめ出来ません。

値段も高いですし。

買う時は、靴裏までしっかり確認して下さい♪

雪道の歩き方

都心に住んでいる方は、背筋もピーンとして、かっこいい歩き方の人が多いですよね。

とくに女性でヒールを履いて颯爽と歩く姿はとても素敵です。

でも、、、

雪道では、後頭部強打します。。(笑)

ついでに、パンツも見えちゃうかも知れません。。

 

雪道で大事なのは、

 

1・足を蹴り上げないこと。

2・やや前傾で歩くこと。

3・小さい歩幅で歩くこと。

 

この3つがポイントです。

すりあしの様に、足をあまり上げずに進みます。

そして、つま先にしっかり力を入れて歩きましょう。

雪国っ子は、自然にそういう歩き方になるため、あしゆびが大きく開きます。

指全体で、バランスを取っているんです。

 

↓この動画がとてもわかり易いです


ツルツル路面との上手な付き合い方。 @北海道 How to walk on the winter way, Hokkaido

 

3つのポイントを守って、怪我のないように楽しい週末をお過ごし下さい(*^^*)

 

一時的な雪なら簡易スパイクでも良いですね☆

 



by カエレバ