教育

初めての英語でつまづかない!フォニックスも学べる楽しい英語ドリル

f:id:tomimama777:20190331222635p:plain

こんにちは!

とみママ(tomimama7)です♪

 

我が家の長女はもうすぐ小学3年生。

ついに英語の授業がスタートします。

英語の教育に賛否はありますが、私はすごく良いと思います。

中高6年間英語を勉強しても、カタコトしか話せないし、もっと小さいうちからやっておけば良かった~~!

なんて思っているのは私だけじゃないハズ!!

今の子供達が羨ましいです。

そんな英語教育も、ちょっとした問題点があるようです。

どうぞお付き合い下さい☆

 

バイリンガルママが悩む、英語教育の難しさとフォニックス

なんで、日本で「フォニックス」をやらないの!?

友人のバイリンガルママは驚いていました。

フォニックスは英語圏で一般的な勉強法で、だいたい5~6歳からフォニックスを使って勉強を始めます。

フォニックス=英語の文字と音の関係を示したルールのこと。

アルファベット26文字には、決まった音があり単語になった時にもルールが存在します。

残念ながら、日本の学校ではフォニックスを教えてもらうことは出来ません。(例外もあります)

かわりに覚えるのが、ローマ字。

A=あ I =い U=う E=え O=お

これから始まるパソコン教育で使うので、こちらも大事なもの。

ところがこのローマ字がインプットされてしまうと、正しい単語の読み方が難しくなってしまうんです。

みなさんも、経験がありませんか?

単語をローマ字読みしてしまうので、正しい発音ができず伝わらなかったこと。

フォニックスを使えば、「伝わらない」を「正しく伝える」に変えることが出来るんです。

 

フォニックスとは?

英語を正しく発音するためのルール

一定の決まりを学べば、スペルを見て単語を読むことが出来る

例外もあり

英語圏では、英語の入門として勉強する

ローマ字をマスターする前にフォニックス!

フォニックスは、ローマ字を学ぶ前に!

基本さえ覚えてしまえば、ずっと使えるのでアルファベットと一緒に覚えてしまいましょう♪

フォニックスの勉強に使える便利なサイト

happylilac.net

ちびむすドリルは、小学生~中学生むけのプリントを無料ダウンロードできるサイト。

1枚1枚のプリントのクオリティが高く、プリンターがあれば自宅で簡単に印刷することが出来ます。

ちびむすドリルでは、フォニックスの単語表と、発音をチェックすることが出来ます。

 

aiueophonics.com

あいうえおフォニックスは、フォニックスに特化したサイト。

かわいいアニメを見ながら、一緒にフォニックスを勉強することが出来ます。

ゆるふわなイラストがとっても可愛いくて、癒やされます♡

フォニックスを勉強できるドリル

 

 ドラえもんと一緒に勉強できる英語のドリル。

アルファベット・フォニックス・ローマ字までを丁寧に解説。

ドリル形式なので、ドラえもんと一緒に書き込みながら覚えていくことが出来ます。

CDも付いているので、聞きながら楽しく進めることが出来ます。

このドリルのいいところは、アルファベットの次にフォニックスを勉強できること。

簡単な入門編なので、さらっと一通り学びたい時にピッタリです。

 

 

こちらもCD付きの記入式ドリルですが、内容が圧倒的に充実しています。

フォニックスは小難しい解説が多いのですが、このドリルは中身がシンプルで見やすい!

 

ドラえもんドリルでフォニックスに軽くふれて、さらにフォニックスドリルで細かくカバーしてあげると興味を持って勉強に取り組んでもらえそう!

英語教育は早く始めた方が良いのか?

英語に耳が慣れるから小さいうちから・・・

3才から英会話に通っている・・・

そんな話を良く聞きますが、実際皆さん英語がペラペラになったのでしょうか?

英語も日本語も、毎日使わなければ忘れてしまいます。

大事なのは、自分が興味を持った時にしっかり学べるような「勉強できる力」をつけておくことだと思います。

日本で勉強するなら、テキストは日本語です。

まずは母国語の土台づくりをして、そこから興味をもった言語を学んで行くのが良いと思います。